早島BOOK SHOPは、道家道学院のオンラインショップです
 
 

運をつかむ人 ツキを逃す人

運をつかむ人、ツキを逃す人

「気」は運を左右するスーパーパワー、気の流れに乗るだけで運も開けてくる―人相の心理学、クセでわかる心理と生理、気を楽にする心理術…など、人間関係やビジネスへの「気」の活用法を徹底解説。 
 

著者:早島正雄
出版社:日本文芸社
発売日:1998/7/25
ページ数:222p
ISBN-10:4537063408
ISBN-13:978-4537063400
書籍JANコード:1920111005246
 


 運をつかむ人、ツキを逃す人 ≪はじめに≫ご紹介  

人間が百人いれば、その百人の様子はみな違う。顔ひとつとっても、同じものは一つとしてない。そして、体にも違いがあり、クセにも違いがある。

そうした顔や体のクセをよく観察してみると、その人の性格、人生観、健康状態などが手にとるようにわかるものである。だが、一般の人にとっては、顔立ちやクセだけで、その人間を判断するのは簡単なことではない。

そこで、この本では、顔立ちの差や特徴的なクセをわかりやすく説明した。この本を読めば、自分では気づかなかった心理的なウイークポイントがわかり、人間関係の障害になっていた感情のクセもズバリとわかるはずだ。

また、つき合う人や周囲の人の性格や心理を判断するのにも参考になり、人間関係がいままでとは大いに違ってくるだろう。

この本が、あなたの明日のために役立てば、著者としてこれ以上の喜びはない。

早島 正雄


 運をつかむ人、ツキを逃す人 目次   

第1章 人生が変わる気のパワー

  • 運は気の流れが左右する
  • 気の量が勝敗を分けている
  • 気がわかればカンがよくなる
  • 気を変えれば運も変わる
  • 気の流れに乗るだけで運が開ける
  • 部屋は広く使うようにすると気の流れがよくなる
  • 他人に儲けさせることで自分の運を開く
  • 金は明るく賑やかな気が好き
  • 福運の人の気を盗む「盗気法」
  • 気を見る目はビジネスにかかせない
  • すばらしい気のセールス学
  • 嫌な上司と気を合わす法
  • 自分がしゃべるより相手にしゃべらせる
  • 体に触りたがる人と気を合わせる
  • 精力アップは金運アップにつながる
  • 電話におじきすれば気は伝わる
  • 自分にない気を補ってくれる人とつきあう

第2章 性格と顔と体型で見抜く

  • 人生運が顔の三停によってわかる
  • 顔の三質で体と心を見抜く
  • 顔の形で見る性格
  • 体型で体と心を知る

第3章 人相の心理学

  • 人相から性格がわかる
  • 二重まぶたは誘惑に弱い
  • 鼻の高い人は気ぐらいも高い
  • 耳の大きい人は温厚、小さい人はケンカ早い
  • 唇の厚い人は愛情も豊か
  • 歯で性格を見分ける
  • 舌が厚くて言葉がはっきりしない人は酒の失敗がある

第4章 クセでわかる心理と生理

  • 不自然さの表れがクセ
  • クセで心理状態や健康状態を分析できる
  • 鼻の頭に汗をかく人は引っ込み思案
  • まばたきを多くする人は神経質
  • 目が疲れる人は人間関係の疲れがある
  • イスに斜めに座るクセは不遜な人が多い
  • 口をへの字に結ぶのは気むずかしい人
  • 電話をかけたがり、手紙を出したがる人は不誠実
  • 口のまわりに手をやる人は偏屈
  • あごを突き出して話すのは策士の証拠
  • 唇を曲げてものをいう人は理屈屋
  • 「やっぱり」の連発は自己中心型の人
  • グチっぽい人は思い込みが激しい
  • 横目使いや目をそらすクセは嫉妬深い証拠
  • ドシンと座るクセは心が不安定な証拠
  • 指を鳴らすクセは落ち着きのない証拠
  • ため息はストレスがたまっている証拠
  • タバコの灰を気にするのは強迫神経症の傾向がある
  • ヒョイヒョイ歩くのは決断力のない証拠
  • 箸を短くもつ人は大物にはなれない
  • サングラスは小心者がかけたがる
  • はしご酒タイプはガンコ者に多い
  • 笑いを内にこめる人は欲深い
  • 横を向いて話すクセは歯槽膿漏の人
  • ほおづえをつく人は唾液の出がよくない
  • やたらに肩を上げ下げする人は頭痛もち
  • 体を左右に振って歩く人は短命
  • 極端に靴底が減る人はスタミナ不足
  • 追い越しをかけたがる人は肝臓に異常あり
  • 怒りっぽいようなら肝臓病を疑え
  • ポカンと口を開ける人は自律神経が乱れ気味
  • よく髪をむしる人は便秘がち
  • 人の後ろを歩くのは精力が弱い証拠
  • 人に会いたくないのは血行が悪い証拠
  • 鉛筆をなめる人はのどが弱い

第5章 気を楽にする心理術

  • プライドが高いと口下手になりやすい
  • 恥の数だけスピーチは上達する
  • 対人恐怖には五つのクセがある
  • まわりの人を気にすると電話が怖くなる
  • 視線なんか気にしない
  • プライドの裏がえしが劣等感
  • ネクラからネアカへの変身は心がけしだい
  • マイナス思考は何の役にも立たない
  • 大声は元気のもと
  • せっかちで損をするな
  • 「ねばらない」の考えがイライラのもと
  • 集中しなくても死にはしない
  • 眠らずに死んだ人間はいない
  • 二度と不眠にならない方法
  • 頭が固いと人間関係がギクシャクしてしまう
  • こだわりを取り去るだけでいい
  • もっと肩の力を抜きなさい
  • 打ち合わせ、接待が苦手な人に
  • プライドを誇示しても損をするだけ
  • 一度は徹底的にやってみろ
  • 知識や常識のゴミにとらわれるな
  • 肩書きに頼ってもダメ
  • ツキのないときはジタバタするな
価格 : 576円(税込)
数量