早島BOOK SHOPは、道家道学院のオンラインショップです。
 
 

人生をつかめる人つかめない人

人生をつかめる人つかめない人

心の悩みを解消し、才能を開花させる
『道家の生き方』で人生をつかむ!
 



著者:早島正雄
出版者:コアラブックス
発売日:1999/10/10
ページ数:214p
ISBN-10:4876934886
ISBN-13:978-4876934881
書籍JANコード:1920247009521
 
 人生をつかめる人つかめない人 目次  

第1章 人間関係でクヨクヨしない
 自己中心型人間は、人の輪に融け込めない
 いやと言えない性格は我執があるからだ
 友人は期待しなければ裏切られることもない
 視線恐怖症や、人前であがるのは我執のせい
 “気”が充実すれば「嫌いな自分」も変わる
 「損な性格」も「得な性格」も根っこは同じ
 楽しく、無為自然な生き方で勝つ
 人間関係の体験談

第2章 不安に負けない、迷わない心をつくる
 判断を誤るのは我欲があるからだ
 人の将来は、日々の生活の積み重ねの上にある
 人事を尽せば高齢もまた楽し
 金で買えない幸せをつかむ方法
 相手が幸せになってはじめて本当の幸せがある
 肉体は無に帰るが、“気”は残る
 内面から美をつくるには?
 進路は面子や見栄で決めるな
 どうすればいつも平常心でいられるのか
 我執を放かせば不平不満も人生の楽しみに変わる
 道家は自分で自分の運命を変えることもできる
 人生問題の体験談

第3章 仕事のストレスに弱い人、強い人
 我執をとれば仕事の実績もあがる
 人を使うという意識を放かせ
 会社中心の価値感は、すぐ変える
 文句を言われるのも仕事のうち
 本当に辞めたければ、辞めてみよう
 転職も、結婚も我執を放かすことが必要
 仕事の悩みの体験談

第4章 男と女の愛を得る人、得られない人
 心が通じ合えば言葉はそれほど重要ではない
 結婚にも死にも適齢期はない
 気の強い女性と、気の弱い男性の相性
 円満の条件は金より精・気・神にある
 理解しない親には深慮遠謀を
 宗教は心を癒せても体の病気は治せない
 自分にとって、どうすることが一番幸せか?
 愛情問題の体験談

第5章 親と子の“気”が合う関係、合わない関係
 いま子供たちに何が起きているか?
 一番大切なのは「愛の“気”」で叱ること
 いじめも無くなる「親の道」とは
 「天の道」と「親の道」の関係とは
 親の固定観念を放かせ
 心の病は体で治し、体の病は心で治す
 豪華な挙式より死ぬまで仲良くが本物の夫婦
 親子関係の体験談

 

価格 : 1,047円(税込)
数量